Scroll Page top
2016.10.24 リフォーム

BROOKLYNな住まい

◆スケルトンの状態を活かしてブルックリンスタイルに

社屋の2階を住まいにリフォームするにあたって、それまであった内装材をすべて撤去。そして、スケルトンになった状態がとても格好よかったことから、鉄骨がむき出しになった天井などを活かしつつ、ブルックリンスタイルの住まいにリフォームしました!

◆ヴィンテージ感あふれるLDKスペース

むき出しになった鉄骨を黒で塗装し、シェードなしの白熱球を30灯とりつけたリビングスペース。床は無垢材を使用したヘリンボーンで仕上げ、また壁の一部にレンガとモルタルを用いたことでヴィンテージ感いっぱいの空間になりました!

そして、リビングスペースとキッチンのパーテションともなっているアイランドキッチンの腰壁には、アメリカの綿工場で100年以上使われてきたという『ファクトリーフローリング』を使用。色味や傷など一枚一枚が異なり、唯一無二の存在感を醸し出しています。さらに、アイランドキッチン背面のカウンター収納もヴィンテージ感ある仕上がりにするために『足場板』を使用して造作しております!

◆ショップを思わせるウォークインクローゼット

主寝室とつながるウォークインクローゼットには、弊社の倉庫にずっと眠っていた重厚感ある扉を利用して取りつけています。また、主寝室とウォークインクローゼットのパーテーションには、空間の広がりを見せるためにアイアン塗装を施した木製フレームに『エキスパンドメタル』をはめ込み造作。そして、棚の取り付けには真鍮金物を採用。作り手のセンスが光るウォークインクローゼットに仕上がり、ショップで服を選ぶような感覚で服をチョイスできます!

◆いつも明るい気持ちで目覚められるベッドルーム

北陸の薄暗い曇天もようの日でも気持ち良く目覚めることができるように、ドレッサー側の壁面をパステルブルーで仕上げたベッドルーム。そして、ベッドルームの照明には、奥さまお気に入りのバラの花のブーケをかたどった灯具を使用。明かりをつけない日中もオブジェとして部屋を華やかに彩っています!